【開催レポート】6月10日理科の王国KANSAIGATEは738名の小学生が参加し、盛況に開催いたしました。

【開催レポート】6月10日理科の王国KANSAIGATEは738名の小学生が参加し、盛況に開催いたしました。

6月10日に開催しました理科の王国KANSAIGATEについての実施レポートです。当日は晴天のもと総勢738名の小学生が集まり、会場となった明倫小学校は終日、子供たちの歓声や笑い声が響いていました。本ページでは当日の様子を詳しくお伝えします。

当日は開城前から多くの方々に並んでいただきましたが、滋賀県で忍者に扮して警備をしてくださる株式会社scc様にご協力をいただき、順番通りにご案内いたしました。王国の案内所からオリエンテーションの部屋に入っていただき、理科の王国の歩き方や各ブースの説明を見て、理科の王国の世界観を感じていただき、パスポートや保護者用資料をお渡しして、各プログラムに参加いただきました。

小学校の入り口には理科の王国のタペストリーを掲示。忍者警備の方もしっかり誘導してくださりました。 開城した際の観光案内所に長蛇の列ができました。 
オリエンテーションで各ブースや枚方市について学びました   

 

今回の理科の王国KANSAIGATEは、テーマを持った6つのエリアに分かれました。それぞれのエリアではテーマにそったサイエンスプログラムが実施されました。以下はそれぞれのエリアでの様子をお伝えします。

①ひらかたサイエンスミュージアム:理科の王国とKEC教育グループが連携し、実験教室や展示、サイエンスショーを通して枚方の自然や産業に関係するサイエンス&テクノロジーの魅力をお届けしました。

みんなで学ぶバイキン対策!(ハクゾウメディカル株式会社)   水生植物ヨシをつかった工作に挑戦! (株式会社アトリエMay)  
英語&ロボット体験コーナー!(KEC教育グループ)  Mr.Kのサイエンスマジックショー(KEC教育グループ) 
サイエンスショー ホタルの光を手の平に(KEC教育グループ)  Dr.コマのサイエンスショー(KEC教育グループ) 

 

②フードファクトリー:達が普段食べている「食品」に関するサイエンス&テクノロジーをお届けしました。

フードファクトリースランプラリー(恩地食品株式会社(枚方市)、松谷化学工業株式会社、株式会社吉野家、敷島製パン株式会社、山本漢方製薬株式会社)
 
うどんハカセときゅうきょくのめんづくり教室(恩地食品株式会社)  オリジナルホットケーキを作ろう!(松谷化学工業株式会社)

 

③はっけんの海:広いを航海するための「船」に関するサイエンス&テクノロジーをお届けしました。

マイシップを作ろう!(川崎重工業株式会社)

 

④エネルギー研究所:エネルギーを作る「発電」に関するサイエンス&テクノロジーをお届けしました。

風力発電をつくろう!(株式会社リバネス) 魚のうろこを使ったバイオ電池をつくろう!(摂南大学理工学部生命科学科)
マグナスカップを作ろう!(株式会社チャレナジー)

 

⑤王国の遊園地:身近にある素材を使ってエンターテイメント性がある実験プログラムを実施しました。

ジェットコースターを作ろう!(リバネス ロボティクスラボ) ホバークラフトに乗ってみよう!(リバネス ロボティクスラボ)
Smart learning lab(大阪工業大学情報科学部) 羽ばたき飛行機を飛ばそう!(ファブラボ北加賀屋)
3Dのソラタビへ!ちかくてとおい、星座の真実(ソラタビ)

 

⑥ぼうけんの島:自然や生き物の不思議を体験できるゲーム型サイエンス体験企画を実施しました。

ぼうけんの島(一般社団法人キュリオス沖縄、株式会社リバネス)

 

さて、次は関西のどこに理科の王国のGATEが開くのでしょうか?次の機会をどうぞご期待ください!